花輪ばやし

花輪ばやしガイドの管理人が、東京からふるさと鹿角を応援するブログです。 花輪ばやしや、秋田県鹿角市の話題をメインに、自由気ままに書き綴ります。どうぞ温かく見守ってください。同郷の方なら、なおさらよしなに~。

ヤギに出会える道

昔の写真を整理してたら、こんな写真見つけました。
オバちゃんと、ヤギとの戦いが今にも始まりそうな一枚。

ヤギ
オバちゃんは、ヤギとの遭遇を嫌ったのか線路を渡ってどこかに消えていきました。

ヤギ
花輪線の線路脇のあぜ道で不意に出会ったヤギ。

ヤギ
ずっとカメラ目線でいてくれるので、モデルにピッタリ。わりと人懐っこい。

ヤギ
ウマそうにむしゃむしゃ草を食ってます。

ヤギ
腹一杯になって、眠くなったか?

ヤギ
たまに頭突きを繰り出します。これ、頭突きを食らってる最中です。慣れてきたかな~と思った頃にやられます。

ヤギ
花輪にもこんなにのどかな景色があったのですね。
この写真を撮ったのは、2011年の夏ですが、次の年は出会えませんでした。今年は会えるかな?

ページ先頭へ

八幡平登山での出会いにDOKI!!

秋田ではそろそろ雪が振るそうですね。憂鬱な冬がやってくる前に、夏の思い出を綴ろうと思います。

この夏、大人になってから初の八幡平登山をしてきました。登山といっても整備された登山道を歩くだけの、気軽なトレッキング。装備は、歩きやすいスニーカーと、一眼レフカメラだけ。

八幡平 植物
高山植物でも撮っちゃおう~!と意気揚々と歩き出しました。

泥火山
八幡平ビジターセンター脇の登山道を歩き出すとすぐに、泥火山がボコボコと音をたてています。
あたりにたちこめる、硫黄臭がいっそう強くなります。
家族連れはこれを見て、帰ってくる人が多いですが、我々は山歩きが目的だったので、颯爽と山の中へ!


八幡平登山
徐々にワイルドになっていく風景に気分もあがります。

八幡平登山
道中には、苔むした植物が多くなってきました。長沼を目指して歩いていると、ここで事態が一変。

先行して歩いていた友人が急にきびすを返し、
「ヤバイ!子熊だ引き返すぞ」と、青い顔をして逃げ出しました。

道はちょうど曲がり角に差し掛かっていて、視界の中に急に熊が現れた様な状況でした。
子熊がいるということは、近くに親グマがいて、子熊を連れた親グマが一番危険だというのは知っていました。ですが、子熊という可愛らしい響きに、一瞬ボクの緊張感がゆるみ、身を乗り出すように眺めていました。驚いた子熊が背を向けて走りだすのが見えたその直後、その子熊の行方をさえぎるように大きな親熊が現れました。
一気に血の気が引き、気づいたら駆け出していました。

クマから逃げる時は、視線を外さずに後退りするというのがセオリーといいますが、その予備知識があったとしても、あの状況で実践するのは非常に難しいものです。いつの間にか先に逃げていたはずの友人を追い越して逃げていました。笑

無事、八幡平ビジターセンターまで帰ってきたボクたちは、念のため登山道にクマが出て引き返してきたことを報告。すると、スタッフの人は笑顔で「写真撮りました?」とカメラのアクション。首から一眼レフをぶら下げていたけど、そんな状況じゃなかったよ!路地裏で野良猫に出会ったんじゃないんだからさぁ~。
この温度差にビックリするものの、どうもクマに出会うのは良くある話らしく、実際今まで登山客が襲われた例はないんだとか。(登山道を外れて山菜採りにいった人は別)今朝も、目撃したっていう人いたんですよ~と言われ、なんだか気が抜けてしまいました。

二人で行ったからまだ良かったけれど、熊よけの鈴で、気配を知らせてあげることの重要性を感じました。
教訓。山で出会うクマは怖い!


八幡平登山
その後、気を取り直して八幡平頂上周遊コースへ。

八幡平登山
すると、みるみるうちにガスに包まれ、辺りは真っ白。

八幡平頂上
あれ?ここ冥界??ホントは、あの時クマにやらちゃった??

と、まあ予定は狂いまくりの八幡平登山でしたが、とにかく忘れられない思い出になりました。

続きを読む

ページ先頭へ

BSジャパン トムさんの田舎のごちそう

BSジャパンで放送されている「トムさんの田舎のごちそう」というテレビ番組があるのですが、10月20日(土) の放送は、鹿角市が舞台です。前編ということなので、二週にわたって放送になりそうです。アケビ寿司が取り上げられるそうですが、アケビ寿司なんて食べたことないぞ!
どこで食べられるんだろう?忘れないように予約録画しとこ。

http://www.bs-j.co.jp/inakanogochisou/

【追記】
家族にこのアケビ寿司について聞いてみると、好き嫌いの多い父が苦手ということで、我が家の食卓にはのぼっていなかったことが判明。我が家ではこういう事多いんですよね~。ホルモンも同様の理由で、大人になるまで食べたことがなかったし!父よ!

ページ先頭へ

雫石 駄菓子のたまや

いつも帰省する時はきまって、東京から盛岡までを新幹線で、盛岡から鹿角までを友人の車で移動しています。
今回、盛岡から帰る道中に、岩手県の雫石にある駄菓子屋さんの「たまや」さんに寄ってみました。

よゐこ有野さんがファミコンなどのレトロゲームにチャレンジする、ゲームセンターCXという番組があるのですが、この番組でこの雫石にある駄菓子屋さんが紹介されていました。
画面から伝わってくる、お店のレトロな雰囲気に惹かれて行ってみたのですが、行ってみると想像以上の素敵空間が広がっていました。

駄菓子のたまや
空き家になっていた古民家を復活させて開いたお店だそうで、中には囲炉裏が!

駄菓子のたまや
囲炉裏のある座敷は、子供たちのために開放されていて、地域の子供たちで賑わっていました。子供たちがはけた一瞬の隙を狙ってパシャリ。なんだか小学校の頃通っていた、花輪のそろばん教室を思い出しました。
さらに、女の子も遊びに来やすいようにという配慮で、二階は女子専用ルームとして開放されています。この時も、二階では女子会が開かれているようでした。
子供たちが自然と集まる場所があるかどうかという事は、その地域にとってとても大きな事のような気がします。

駄菓子のたまや
駄菓子を買うと、置いてある筺体ゲームをタダでプレイできるという太っ腹な設定に、子供たちへの愛を感じます。
ただ、この日はメンテナンス中だったらしく、有野さんもプレイしていた筐体ゲームはお休みしていました。


駄菓子のたまや
せっかくなので、駄菓子を大量買いして豪遊することにした。大人の財力を見せつけてやるぜー!

駄菓子のたまや
はずれ。くじ運には自信あったんだけどなぁ~。

駄菓子のたまや
店内には、昭和レトロなアイテムも売っていたり。

駄菓子のたまや
小岩井乳業のビン牛乳懐かしい~。六日町にも牛乳屋さんがあったなぁ~。

駄菓子のたまや
つやお。座敷にはご主人が集めたレトロな物がレイアウトされていて、昭和に戻った気分に浸れます。
駄菓子のたまや
駄菓子屋の定番、アイドルカードはAKB48がほぼ独占状態。ボクが小学校の頃は、光GENJIだったよ。

駄菓子のたまや
毎日の雑巾がけで、ピカピカの床。空き家状態から、ここまで復旧させるのは相当苦労されたでしょうね。

駄菓子のたまや
裸電球も良い感じ。ここで、レコードの鑑賞会を企画中だとか。楽しそう~。

駄菓子のたまや
外観はこんな感じ。雫石語り館として、方言での読み聞かせを行い、方言の伝承活動もされているそうです。ちなみに左に看板がありますが、鹿角でも真似ている、軽トラ市はこちらが元祖。

駄菓子のたまや
初めて来た雫石の町並みは、子供の頃に見ていた花輪の町並みのようで懐かしい気持ちになりました。

続きを読む

ページ先頭へ


カテゴリ
ブログトップ
お祭り (20)
グルメ (5)
トピックス (6)
動物 (4)
日記 (21)
観光名所 イベント (6)
観光名所 建物 (3)
観光名所 自然 (3)
鹿角の人 (3)
twitter
アーカイブ
2014年12月 (1)
2014年11月 (1)
2014年8月 (4)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (1)
2013年8月 (5)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2012年11月 (1)
2012年10月 (2)
2012年9月 (3)
2012年8月 (8)
2012年2月 (1)
2012年1月 (1)
2011年12月 (2)
2011年11月 (1)
2011年9月 (1)
2011年8月 (2)
2010年10月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (1)
2010年5月 (3)
2009年11月 (2)
2009年10月 (2)
2009年9月 (3)

花輪ばやし 2014

花輪ばやし 2013

花輪ばやし 2012

花輪ばやし 2011

花輪ばやし 2010

花輪ばやし 2009
花輪ばやしフォトギャラリー

かづのし
花輪ばやしの歴史
屋台について
伝承曲について
サンサについて
朝詰
町境の挨拶
神輿渡御
町踊り
祭り見物ガイド
日程・スケジュール
運行マップ
フォトギャラリー
花輪ばやし動画
関連スポットのご案内
花輪ばやしオフィシャルサイト
鹿角観光ガイド
交通アクセス
自然
温泉
観光名所
祭り・イベント
スポーツ・レジャー
宿泊施設
飲食店
ニュース

関連スポット
花輪ばやし関連スポットのご案内

フリー写真
フリー写真を配布中です

動画
花輪ばやし動画 YouTube

鹿角 萌えみのり
秋田県産純真米 鹿角の萌えみのり

アマダナ

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11