花輪ばやしについて
町境の挨拶

町境の挨拶について

ちょうざかいのあいさつ

外交部は祭の花形で、外交部の働きを無くして花輪ばやしは語れません。外交と書かれた提灯を持った人が、その町内の屋台を先導する外交部です。外交には、他町内の通行許可をもらう、大事な役割があります。


花輪の町には七ヵ所の町内の境い目、つまり「町境」があります。舟場元町と舟場町、舟場町と新田町と六日町、六日町と谷地田町、谷地田町と大町、大町と新町と旭町、新町と横丁と組丁、横丁と組丁の境です。
屋台が、この町境に差し掛かったとき、外交による「町境乗り込みの挨拶」を見ることができます。


挨拶の一例

町境では写真のように、それぞれの町内の外交部が提灯をてかざし、話し合う場面があります。この時以下のようなやりとりが行われております。


町境の挨拶

隣町内に乗り込む側の挨拶

「○○町内申し上げます。かねてお約束の時間に参上いたしました。
ただ今から××町内をお通し願います。」



迎える側の挨拶

「××町内申し上げます。ただ今の○○町内のお申し出確かに承知いたしました。
どうぞお通り下さい。」



これはあくまでもスムーズにいった場合です。町境の位置があいまいなため、提灯を置く位置をめぐり、もめる場合がたびたびあります。昔は町境のいざこざがこじれて、屋台をぶつけて押し合ったり、血の雨が降ったという血気盛んな時代もあったようです。


20日未明に行われる朝詰では、たびたび町境の挨拶がこじれます。この時、屋台をギリギリまで近づけ、お囃子合戦をしたり、中には屋台をはげしくぶつけ合う、けんか屋台に発展する町内があります。
荒々しい祭りの一面を見ることが出来る、花輪ばやしみどころの一つでもあります。


町境の見送り

町境のしきたりの中には、屋台が町内を通過し再びその町内を通って帰るとき、町内の外交担当者が、通過する町内の役員および屋台を出口となる町境において、見送るしきたりがあります。
丁寧な気持ちのよいならわしで、相手側に対する最大限の敬意を表します。



花輪ばやしについて
花輪ばやしの歴史
屋台について
伝承曲について
サンサについて
朝詰
町境の挨拶
神輿渡御
町踊り

花輪ばやしは、青森県と岩手県の県境にある秋田県鹿角市花輪で行われます。
i-mobile


動画
花輪ばやしスポット

8月19日 20日

飲食店 宿泊施設
当サイトについて お問合せ
トップページ

(C)2009 hanawabayashi.com
花輪ばやしガイド