花輪ばやしについて
お囃子

伝承曲について

花輪ばやしの伝承曲は、『平安時代末期ごろ、京都から花輪地方に移入して来た貴族の笛の曲に、後から摺り鉦、太鼓、三味線がついて祭りばやしになったもの』、『江戸中期から幕末にかけて、花輪地方で作曲されたとみられるもの』、『幕末頃、当時流行の演芸ばやしを取り入れて編曲したもの』の3つに分類されると考えられています。


花輪ばやしのお囃子は伝承の過程で、各町内ごと演奏に特徴が現れる様になりました。また、古くから伝承された曲以外に、独自の曲(新曲)を演奏する町内があらわれました。このようにして、古くからこの地に伝承されてきた曲に、江戸中期以降新しい曲が追加されていったと推察されます。

また、伝承されている12曲の他にも、現在まで伝わることなく消滅していった曲、「大神楽」「風車」「七夕」などがあったとみられます。


昭和53年2月14日
秋田県無形民俗文化財指定

伝承曲の解説
古い時代より伝承されてきた曲
本屋台囃子 | 二本滝 | 羯鼓
霧囃子 | 宇現響 | 祇園
江戸時代後期地元で作られた曲
追込み | 不二田 | 矢車 | シャギリ
幕末に演芸囃子を移入し編曲された曲
挙囃子 | 吉原格子



花輪ばやしについて
花輪ばやしの歴史
屋台について
伝承曲について
サンサについて
朝詰
町境の挨拶
神輿渡御
町踊り

花輪ばやしは、青森県と岩手県の県境にある秋田県鹿角市花輪で行われます。
i-mobile


動画
花輪ばやしスポット

8月19日 20日

飲食店 宿泊施設
当サイトについて お問合せ
トップページ

(C)2009 hanawabayashi.com
花輪ばやしガイド