花輪ばやしの歴史
花輪ばやし

花輪ばやしの歴史

花輪ばやしは、花輪の総鎮守、幸稲荷神社に奉納される祭礼ばやしです。
1470年より以前に幸稲荷神社で火災があり、記録資料が消失しております。そのため、起源や歴史的な背景が正確に解明されておりませんが、囃子の起源は 平安時代末期、都からこの地方に流れてきた貴人の笛の曲に、後世、太鼓・鉦・三味線がついて現在のような形になったと考えられています。
現在のようなお祭りの形になったのは、神明社にある御輿の購入記録から、江戸時代の文化文政の頃だと考えられます。


現在お祭に使われている屋台は十町内ともすべて、囃子の演奏者が歩行する「腰抜け屋台」と呼ばれるものですが、かつてはこの屋台の他に、「本屋台」と呼ばれる二階建ての屋台と、「飾り山車」と呼ばれていた屋台の三つがありました。
また数年ごとに「高砂の屋台(シャギリ)」も出ており、多いときには十二、三にもなっていたそうです。
豊作の時は「本屋台」で演奏し、平年作の年は「腰抜け屋台」で演奏するならわしでした。
残念なことに現在、本屋台は保存されていません。数年に一度行われていた「シャギリ」の屋台は、本屋台と同じ造りであったと言われています。



関連写真

昭和16年 谷地田町の旧屋台

昭和20年代 谷地田町の旧屋台

昭和8年頃 谷地田町のシャギリ屋台


地田町ホームページさんより掲載許可をいただき、昭和初期の花輪ばやしの様子を紹介しております。今はなきシャギリの屋台の写真もあります!



花輪ばやしについて
花輪ばやしの歴史
屋台について
伝承曲について
サンサについて
朝詰
町境の挨拶
神輿渡御
町踊り

花輪ばやしは、青森県と岩手県の県境にある秋田県鹿角市花輪で行われます。
i-mobile


動画
花輪ばやしスポット

8月19日 20日

飲食店 宿泊施設
当サイトについて お問合せ
トップページ

(C)2009 hanawabayashi.com
花輪ばやしガイド