花輪ばやしについて
花輪ばやし 屋台

屋台について

花輪ばやしのお祭に使われている屋台(山車)は、囃子の演奏者が歩行する形式の「腰抜け屋台」と呼ばれるものです。
パレードで運行している屋台の中で最も古いのは、大町の屋台で昭和12年の作。保存されている屋台の中で最も古いのは、旭町の旧屋台で、明治12年の作。


祭礼にあたって神を迎えるために出すものを山車(だし)と呼び、地域によっては「だんじり」「ほこ」「やま」と呼びます。
かつて、屋台を動かすとき「ヤマ、ヤマー」という掛け声がありました。これは山を二つ重ねて「出」という文字にかけたものと、山車を意味する「やま」を表す掛け声であったと考えられます。このようなことから、花輪ばやしの屋台は、山車から派生したものであると言えそうです。


屋台で使われる楽器の基本構成は、中太鼓2、小太鼓8~9、笛3、三味線2、摺り鉦1となっています。


全町内の屋台写真

旭町屋台

舟場町屋台

舟場元町屋台

組丁屋台

六日町屋台

大町屋台

新田町屋台

新町屋台

谷地田町屋台

横丁屋台



花輪ばやしについて
花輪ばやしの歴史
屋台について
伝承曲について
サンサについて
朝詰
町境の挨拶
神輿渡御
町踊り

花輪ばやしは、青森県と岩手県の県境にある秋田県鹿角市花輪で行われます。
i-mobile


動画
花輪ばやしスポット

8月19日 20日

飲食店 宿泊施設
当サイトについて お問合せ
トップページ

(C)2009 hanawabayashi.com
花輪ばやしガイド